いびきの基礎知識

睡眠時にかく「いびき」。私たちにとってはとても身近な症状ですが、なぜ「いびき」をかくのか?なぜ「音」が出るのか?などは、あまり知られていません。またイビキはそれほど心配する症状ではない思われていますが、いびきによってさまざまな弊害が引き起こされることもあるのです。そこでここでは、「いびきのメカニズム」や「いびきの弊害」などについて分かりやすく説明しています。いびきを改善、解消するには、まずはイビキの事について知ることも大切なのです。

いびきの基礎知識一覧

いびきのメカニズム
睡眠時に発する爆音「いびき」。イビキをかく原因や音の大きさは人それぞれ違いますが、いびきをかくメカニズム、音がでるメカニズムは実は誰でも同じなのです。
いびきの種類
いびきはその症状によって「単純いびき症・上気道抵抗症候群・睡眠時無呼吸症候群(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)」と、大きく3種類に分けられています。
いびきの弊害
いびきは単なる「うるさい」だけでなく、イビキが原因でさまざまな弊害が生じることもあります。「たかがいびき」と思っていると、重大な病気に繋がってしまうこともあるのです。
いびき人口
いびきは自覚症状がないことや、自覚症状があったり、他人に指摘されても、病院で診察を受ける人はほとんどいないので、正確な数字は分かっていませんが、 日本における「いびき人口」は、"約2000万人"と推定されています。
子供のいびき
基本的に子供はいびきをかきませんので、もしも子供がいびきをかくようになったら、何らかの病気などが原因となっていることが多いので、早めに「耳鼻咽喉科や小児科」で診察を受けましょう。
いびきは何科で診察を受ければいいの?
慢性的ないびきで悩んでいる時や、イビキの原因が分からない時、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われる時は、まずは「耳鼻咽喉科(じびいんこうか)」で診察を受けましょう。
いびきは病気なの?
アルコール(飲酒)を飲んだ時や、疲労(ストレス)が溜まっている時などの、一時的ないびきであれば、誰でもかく可能性がありますので病気ではありません。
 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved

いびき防止対策と、いびき改善・解消法!TOP いびきの基礎知識