睡眠時無呼吸症候群

近年、ある新幹線事件から日本でも知られるようになった病気、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」。ニュースなどでも大きく取り上げられたことから、この名前を知っている、聞いたことがあるという人は多くなりましたが、実際にどのような病気なのかは理解されていないのが現実です。そこでここでは「睡眠時無呼吸症候群」とはどのような病気で、どのような症状のことをいうのか?また治療法や、治療せずに放置していた場合にはどのような弊害や合併症が起こる可能性があるのかを説明しています。

睡眠時無呼吸症候群一覧

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?
睡眠時無呼吸症候群とは、上気道が何らかの原因によって狭くなったり、閉塞したために、睡眠中に呼吸が何度も止まったり、その状態が断続的に繰り返されたために、血液と脳内の酸素量が減少し、二酸化炭素量が増加したためにさまざまな症状を引き起こす症状(疾患)のことです。
睡眠時無呼吸症候群の症状
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は自覚症状がない場合が多いので、なかなか症状が出ていることに気付きにくいのですが、実際にはさまざまな症状が出ていますので、もしも家族などが気付いた場合には指摘してあげるようにしましょう。
睡眠時無呼吸症候群の原因
睡眠時無呼吸症候群(SAS)になる原因はさまざま考えられますが、基本的には「いびきの原因」とほぼ同じで、何らかの原因によって、上気道が極端に狭くなる、または閉塞したために、睡眠時無呼吸症候群になっていると考えられます。
睡眠時無呼吸症候群の診断
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、いびきと同様、自覚症状が少ない症状ですし、眠っている時に起こる症状なので、自分で判断することは難しいですし、また同居人の人に観察してもらうにも限界がありますので、他人に指摘されて、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、早めに耳鼻咽喉科などの専門医で診察を受けましょう。
睡眠時無呼吸症候群チェック!
睡眠時無呼吸症候群にはいくつか特徴がありますので、ここでは睡眠時無呼吸症候群の人によく見られる事柄を挙げています。自分に当てはまる項目がないかチェックしましょう。
睡眠時無呼吸症候群の種類
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は大きく分類すると、「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」「中枢型睡眠時無呼吸症候群」「混合型睡眠時無呼吸症候群」の3つに分けられますが、9割以上は「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」と考えられています。
睡眠時無呼吸症候群の治療法
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療は、病院での診察の結果や、その症状の程度によって治療方法は異なりますが、生活習慣の改善、歯科装具(マウスピース)、内科的治療(CPAP療法)、耳鼻咽喉科的手術などが一般的に行われています。
睡眠時無呼吸症候群による弊害と合併症
睡眠時無呼吸症候群が原因で、どのような弊害や合併症が起こる可能性があるのでしょうか?
睡眠時無呼吸症候群による事故
睡眠時無呼吸症候群が原因でどのような事故が起こっているのでしょうか?
 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved

いびき防止対策と、いびき改善・解消法!TOP 睡眠時無呼吸症候群