ナルコレプシー

日本では馴染みの薄い病気「ナルコレプシー」。ナルコレプシーは睡眠障害の一つですが、日本では患者数も少ないために、医師さえも診断が難しいとされています。そこでナルコレプシーとはどのような病気で、どのような症状、特徴があるのでしょうか?またナルコレプシーの原因はどのようなことが考えられ、治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?

ナルコレプシー一覧

ナルコレプシーとは?
ナルコレプシー(narcolepsy)とは、「居眠り病」といわれる「睡眠障害(過眠症)」の一つで、ナルコ(narco)はギリシャ語で「麻痺・脱力」、レプシー(lepsy)は「発作」を意味しています。
ナルコレプシーの症状
ナルコレプシーの症状は大きく分類すると「睡眠発作・情動脱力発作・入眠時幻覚、睡眠麻痺」の4つに分けられます。
ナルコレプシーの原因
ナルコレプシーの原因は、まだハッキリと特定されていませんが、「遺伝(ヒト白血球抗原(HLA)」「ストレス」「オレキシンとの関与」などが考えられています。
ナルコレプシーの治療
ナルコレプシーの治療は、まずは自分が本当に「ナルコレプシーなのか?」を確定するためにも、専門医で診察を受けることから始まります。
 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved

いびき防止対策と、いびき改善・解消法!TOP ナルコレプシー