イビキ・睡眠ニュース

いびき・ナルコレプシー・睡眠時無呼吸症候群(SAS)などの睡眠に関連するニュースをお伝えしています。最新のニュースをチェックし、いびきを防止、改善し、快適な睡眠にお役立てください。

イビキ・睡眠ニュース一覧

自宅で睡眠時無呼吸症候群の検査
日本で推定約200万人の患者がいるといわれている睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査を自宅で簡単手軽に行えるサービスを健康・睡眠・メディカルショップ六本木店で開始しました。
ドイツの科学者がコンピュータ制御のイビキ防止枕を開発
ドイツの科学者「ダリウシュ・バザルガーニ教授」が2007年10月3日、コンピュータ制御の枕によって、いびきが止まるまで頭の位置を動かすという「人間工学枕」を考案し、ドイツで開催された健康に関するカンファレンスでこの人間工学枕の試作品を披露しました。
いびき軽減まくら販売開始
フランスベッド(株)では、2007年9月より「いびき軽減まくら(予定売価:2万9,800円)」を発売すると発表しました(特許出願中)。
睡眠無呼吸症候群と居眠り運転の関係
睡眠時無呼吸症候群(SAS)が運転に与える影響、「居眠り運転の関連性」について調査を実施した結果、2001?2005年に発生した死亡事故3万4,490件のうち、居眠り事故が1,215件となっていることが分かりました。
パートナーのいびきで2年分の睡眠が奪われる?
いびきをかく人は、生涯で2年分に相当する睡眠をパートナーから奪っているという知見が、「英国いびきおよび睡眠時無呼吸協会(BSSAA)」の調査により示されました。
2次試験の福医大会場で試験官が居眠り
福島県立医科大(福島市)で2007年2月25日に行われた医学部2次試験(前期日程)で、50代の試験官の男性が約20分間、イビキをかきながら居眠りしていたことが分かりました。
騒音おばさんに「懲役1年8月」
大音量の音楽を鳴らしたり、大声を出して隣人を睡眠障害(不眠・頭痛)などに陥らせたとして、傷害などの罪に問われていた奈良県平群町の「騒音おばさん」こと、河原美代子被告(59)の控訴審判決が平成18年12月26日、大阪高裁でありました。
ファイザー製薬が睡眠導入剤を自主回収
ファイザー製薬は、睡眠導入剤「ハルシオン0.125ミリグラム錠」の自主回収を平成18年12月22日から始めたと発表しました。
睡眠不足は健康障害を引き起こす
成人3万1,044人を対象とした全米健康調査データでは、不眠症や睡眠障害と高血圧症、心不全、不安障害、うつ病との関連性が認められた。これまで不眠症は単独の疾患とみなされていたが、不眠症患者で他の疾患を有していなかったのはわすか4%であった。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療に新兵器?
小さなポリエステルの棒を軟口蓋に挿入する侵襲性の低い外科的措置が、閉塞性睡眠時無呼吸(睡眠時無呼吸症候群(SAS))の治療として長期的に有効であることが明らかになった。
睡眠時無呼吸について
睡眠時無呼吸は、睡眠中に呼吸が止まる疾患で、呼吸停止は最大で30秒間続く。呼吸が止まるたびに、夜何度も目覚めることになり、睡眠不足を生じる。
慢性的な不眠症には認知行動療法が有効
慢性的な不眠症のある高齢者には、睡眠薬よりも認知行動療法(CBT)の方が優れた結果が期待できることが、ノルウェー睡眠障害コンピテンスセンターのBorge Sivertsen博士らの研究によって明らかになり、米国医師会誌「JAMA」6月28日号に掲載されました。
使用頻度の高い睡眠薬Ambienが夢遊病の原因
米国で最もよく処方される睡眠薬Ambien(一般名:酒石酸ゾルピデム、日本国内での商品名:マイスリー)によって、睡眠時遊行症(夢遊病)および異常行動の可能性があることを「米紙Washington Postが」報じました。
中国の小中学生は睡眠不足?
中国青少年研究センターのアンケートによると、中国の小中学生の約3/4が睡眠不足であると発表しました。
難解な睡眠障害・ナルコレプシー
ナルコレプシーの症状は1つではなく、大きく分けると「睡眠発作・情動脱力発作・入眠時幻覚、睡眠麻痺」の4種類に分けられ、症状も大きく異なります。
睡眠時無呼吸(SAS)の自己管理と治療法
いびきが大きいと言われたり、十分に眠っても起床時に疲れを感じたりする場合は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。
危険なイビキ
いびきは単なる状態ではありません。何らかの病気が原因でイビキをかいていることもありますので、慢性的にいびきをかいている方、イビキを指摘される方は注意が必要です。
 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved

いびき防止対策と、いびき改善・解消法!TOP イビキ・睡眠ニュース