過眠症


過眠症とは、日中に激しい眠気が慢性的に起こる症状のことで、その原因は、単なる睡眠不足や疲労などから、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」「ナルコレプシー」など多岐にわたりますので、原因を突き止めることが先決となります。


 仮眠症の原因



・睡眠時無呼吸症候群(SAS)
・ナルコレプシー
・疲労(睡眠不足)
・不規則な生活
・ストレス
・睡眠覚醒リズム障害(時差ボケなど)
・精神疾患(うつ病など)
・アルコール依存症
・薬物の乱用
・脳の障害


単に仮眠症といっても以上のようにさまざまな原因が考えられ、何が原因で仮眠症になっているのかは、日中の眠気以外の症状が手がかりとなります。


また仮眠症自体が世間一般に認知されていない症状(病気)なので、本人さえも、眠くなるのは仕方ないとあきらめていることも多いようです。


いずれにしても、「一時的な日中の眠気」だけなら誰にでも起こることなので問題ありませんが、その状態が慢性的に続くようであれば、「大学病院や睡眠障害を扱っている特殊専門病院」などで診察を受けましょう。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved