マウスピース(歯科器具装置)



あごの骨格や形状などが原因によって、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)になっている場合に行われている治療方法が、「マウスピース(歯科器具装置)」です。


 マウスピース(歯科器具装置)の治療方法と特徴



マウスピースによる治療法は、1人1人に適した「マウスピース」によって、睡眠時に舌が後方に下がって上気道のうち、咽頭(いんとう)を塞さがないように、咽頭の広さを確保する治療法です。


具体的な治療法は、下あごを数ミリ程、前方に突き出すようにして、自分専用のマウスピースを上下の歯の間に固定し、噛み合わせを改善することにより、のどの広さを確保でき、イビキや睡眠時無呼吸症候群を改善、解消することが期待できるのです(舌を前方に保持するタイプのマウスピースもあります)。


 マウスピース(歯科器具装置)での適用範囲



・いびき

・軽〜中症患者の睡眠時無呼吸症候群

鼻マスク(CAPA)が使用できない睡眠時無呼吸症候群患者


 マウスピース(歯科器具装置)のメリット



・身体に負担がかからない

・手軽に使用できる

・持ち運びも簡単

・有効率は90%以上ともいわれている


 マウスピース(歯科器具装置)のデメリット



・総入れ歯や歯槽膿漏などの人は使用できない。

鼻の疾患がある人は使用できない場合もある

・あごが完全に発育していない子供の場合は使用できない場合がある(発育を妨げるため)。

・睡眠時に毎晩、装着しなければならない。

・慣れないうちはアゴの違和感や痛みを感じる場合がある(下あごを強制的に前方に突き出すため)。

・使用するには専門医による検査と診察が必要。

・重症の睡眠時無呼吸症候群には効果がない場合もある。


この場合に使用する「マウスピース」は、専門の医師などによって作られたものですので、ボクシングなどで使用する既製品では効果はありません。必ず歯科医の診察を受け、自分専用のマウスピースを作ってもらうことが必要となります。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved