横向きで寝る



仰向け(上向)で寝ることは、いびき睡眠時無呼吸症候群(SAS)の大きな原因ですので、「横向きで寝る」ことを心がけるだけで、いびきを防止し、改善、解消することが期待できる場合もあります。


 横向きで寝ていびき解消!


◎枕を低くする

高い枕で横向きに寝るのは難しいので、自然と仰向けで寝てしまい、いびきに繋がってしまっていることがあります。


できるだけ「肩と首の角度が水平(90度)」になるような枕を選びましょう。


◎抱き枕を利用する

抱き枕(足を絡められる物が良い)は自然と横向きで寝やすくなります。


◎枕の片方を高くする

枕の片方に本などを置いて高くすれば、自然と仰向けで寝るのが難しくなり、横向きで寝やすくなります。


◎帽子を被って寝る

ニット帽などの後頭部に、物を詰めれば仰向けで寝るのは困難になりますので、自然と横向きで寝るようになります。


◎背中に物を詰める

寝巻きなどの背中部分に物を詰めたり縫い合わせたり、リュックサックに物を詰めて背負って寝ると、仰向けで寝ることが難しくなりますので、横向きで寝ることができるようになります。


以上のように、横向きで寝る方法にはいくつかありますが、これらが原因で眠れなくなったり、十分な睡眠が得られない場合は逆効果になることもあり、本末転倒ですので、あくまでも自然と行うことができる方法のみを行うようにし、横向きで寝てもイビキが改善、解消されない場合には、早めに耳鼻咽喉科などの専門医で診察を受けましょう。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved