いびき手術



いびき睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療は、基本的には「生活習慣の改善」など、原因となっている事柄を取り除くことが中心となります。


しかし扁桃や口蓋垂(のどちんこ)が肥大化していたり、産まれつき上気道が狭いなどの場合には、生活習慣の改善などでは効果はありませんので、「外科的手術・耳鼻咽喉科的手術」をしなければイビキや睡眠時無呼吸症候群を根本から治すことができません。


 いびき・睡眠時無呼吸症候群の手術方法



◎狭い咽頭を広くする手術

名称は病院などによってさまざまですが、いびきや睡眠時無呼吸症候群の手術として、一般的に行われているのが「咽頭(のど)を広くする手術」です。


気道を塞いだり、狭くしている直接の原因である「扁桃や口蓋垂(のどちんこ)」などの粘膜部位のみを切除し、咽頭を広くし、空気の通り道を広くする方法です。


近年では切除するのに、「レーザー(レーザー手術)」を使用する病院が多くなりましたので、「手術の痛みが軽減」「出血がほとんどない」「手術痕がほとんど残らない」「手術時間が短い」「入院が必要ない(入院が必要な場合もある)」など、患者さんの負担が軽減されるようになりました。


またこの手術では「粘膜部位」が少なくなりますので、自然とイビキの原因である「粘膜の振動」が減少し、いびきにはとても効果的ですが、手術を行えない場合や、数年後には再発するなどの可能性もあります。


◎その他のいびき手術

咽頭を広くする手術以外では、「下あごを前に引き出す手術」や「気管切開」などがありますが、いずれにしても手術は、医師とよく相談し、「手術以外に治す方法はないのか?」「どのような手術法があるのか?」「手術によってどれほどの効果が期待できるのか?」「手術費用はどれほどかかるのか?」などを事前に確認しておきましょう。


 いびき・睡眠時無呼吸症候群の手術費用



いびきや睡眠時無呼吸症候群の手術は、基本的に社会保険(健康保険など)が適用されますが、病院によっては自由診療の場合もありますので、必ず手術前に保険は適用されるのか?手術費用は総額でいくらかかるのかを確認しておきましょう。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved