口呼吸を治す(鼻呼吸へ戻す)



口呼吸は、いびきの大きな原因の一つですので、口呼吸が原因でいびきをかいている場合には、口呼吸を治し、鼻呼吸へ戻すことが大切となります。

しかし口呼吸の人の中には、鼻の疾患があるために口呼吸をしてしまっている人も少なくありませんので、その場合には当然、耳鼻咽喉科などで診察を受けて、まずは鼻の疾患を治すことが先決となります。

-口呼吸を治す方法-


 マウスピース



ここでいう「マウスピース」は、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療として行われているマウスピース(歯科器具装置)ではなく、既製品のことで、このマウスピースを使用することにより、鼻呼吸を促すことが期待できます。


 おしゃぶり



口呼吸は、赤ちゃんの頃に早く“おしゃぶり”を取り上げたことが大きな原因だともいわれています。


ですので、子供だけでなく大人でも、おしゃぶりをすれば鼻呼吸に戻すことが期待できるといわれていますので、1日に数時間だけおしゃぶりをする生活をしてみてもいいかもしれません(恥ずかしいかもしれませんが、それなりの効果は期待できると思いますよ)。


 口を閉じるためのテープ



口呼吸はその名の通り、口で呼吸するので、口を閉じて鼻呼吸する習慣を付けることが大切なのので、睡眠時に口にテープを張って、鼻呼吸を促そうとすることも効果的だとされています。


セロハンテープでは唇が荒れたり、かぶれたりすることもありますので、薬局などで市販されている「マウステープ」などを使用しましょう。


 日頃から鼻呼吸を意識する



ふと気付いた時に口呼吸をしていませんか?そのような場合は、意識的に鼻呼吸をするようにしましょう。家の中のいろいろな所や、机、パソコンなどに「鼻呼吸」という紙を貼り付けて、意識的に鼻呼吸をすることで、鼻呼吸へ戻すことも十分可能なのです。


いずれにしても口呼吸が習慣となっている場合には、簡単に治せるものではありませんし、鼻呼吸へ戻したからといって、絶対に「いびき」が改善・解消するわけではありません。


しかし口呼吸は、さまざまな病気や症状へ繋がる原因にもなりますので、積極的に鼻呼吸へ戻すように心がけましょう。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved