睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?


睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)とは、上気道が何らかの原因によって狭くなったり、閉塞(へいそく:閉じてふさがること)したために、睡眠中に呼吸が何度も止まったり(無呼吸状態)、その状態が断続的に繰り返されたために、血液と脳内の酸素量が減少し、二酸化炭素量が増加したためにさまざまな症状を引き起こす症状(疾患)のことで、英語では「(SAS(Sleep Apnea Syndrome)」と称されています。


 睡眠時無呼吸症候群の人口と男女差



日本における「睡眠時無呼吸症候群患者数」は“約200万人”と推定され、このうち“男性が9割”とほとんどを占めているといわれていますが、「約9割の方が自覚症状がない」ともいわれていますので、実際にはこれ以上の患者数がいることも予想されています。


このように睡眠時無呼吸症候群は、自覚症状が少ないので、周りの人が指摘してあげることが、とても重要になってきます。


 いびきと睡眠時無呼吸症候群の違い



イビキと睡眠時無呼吸症候群の大きな違いは、「睡眠時に無呼吸状態(10秒以上の呼吸停止状態)」があるかどうかです。


また睡眠時無呼吸症候群の9割以上といわれている「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」は、上気道がほぼ閉塞してしまうのに対し、単なるいびきは上気道が狭くなるだけです。しかし慢性的にイビキをかいていると、上気道が閉塞してしまうこともあるので、いびきと睡眠時無呼吸症候群はとても密接な関係にあるのです。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved