肥満





いびき睡眠時無呼吸症候群(SAS)の最大の原因ともいわれている「肥満」。



肥満になると、体の外などの見える部分だけでなく、体の中にも当然、脂肪が付き、もちろん首周りや上気道の内側にも脂肪が付きますので、上気道が狭くなってしまい、その結果、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のど(咽頭)の粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。


また肥満になると舌も太ってしまうので、舌がのどに落ち込んでしまった時に、上気道を塞いで狭くしてしまうので、同様にイビキをかきやすくなるのです。


もちろん首が太いからといって、すべての人が上気道が狭くなっているとはいえませんが、例え肥満体型でなくても、「首が太くて短い人」は肥満の人と同様に、上気道の内側に脂肪が付いていることが多く、いびきをかきやすいといえます。


以上のことから「体重の増加」と共に、いびきをかきやすくなり、イビキの音も大きくなる傾向にあるのです。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved