仰向け(上向)で寝る


仰向け(上向き)で寝ることは、いびきの大きな原因の一つです。


 仰向けで寝るとなぜ「いびき」をかくの?



まず「いびき」の最大の原因は上気道が狭くなることです。


仰向けで寝ると舌がのどに落ち込みやすくなったり、口の奥の粘膜の柔らかい部分(軟口蓋や口蓋垂(のどちんこ))が重力で下がってしまいますので、その結果、上気道が塞がったり、狭くなってしまい、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために(空気の通り道が狭くなるため)、のど(咽頭)の粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。


 いびきをかくのは人間だけ?



動物の中でイビキをかくのは人間だけだといわれています。これは動物の中で仰向けに寝るのは人間だけだからだそうです。


確かに動物のほとんどは立ったまま寝たり、横になって寝たり、下向けになって寝ていますので、常に仰向けで寝るのは人間だけのような気がしますね。ただ以前私が飼っていた犬は、たまに仰向けで寝て、いびきをかいていたような気もしますが・・・


 無重力状態ではいびきはかかない?



無重力状態では、横になって寝る必要がなく、立ったまま眠ることもできますので、イビキはかかないといわれています。


横向きで寝る



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved