体位



いびきと寝るときの「体位」も大きく関係しています。胸の上に手を置いて寝ると、胸(肺)が圧迫されて呼吸が浅くなってしまいますので、酸素を取り入れようと空気を吸い込む力が増し、のど(咽頭)の粘膜の振動が大きくなり、イビキの音となってしまうのです。


また手を上げた格好で寝てしまうと、上気道が狭くなってしまいますので、その結果、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなり(空気の通り道が狭くなるので)、上記と同様にのどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved