いびきの弊害


いびきは単なる「うるさい」だけでなく、イビキが原因でさまざまな弊害が生じることもあります。「たかがいびき」と思っていると、重大な病気に繋がってしまうこともあるのです。


自覚症状が少ないイビキですが、他人に指摘された場合には、以下のような弊害が考えられます。


 騒音




1人暮らしなら問題ありませんが、家族や同居人などと生活している場合には、「イビキの騒音」によって他人の睡眠を害している可能性が高くなります。


「風の音や水のポタポタ音」などの、ちょっとした音でも目が覚めてしまう、眠れないなど、人によっては音にとても敏感な場合がありますので、いびきをかく人は共同生活を送ることが困難になってしまうこともあるのです。


また自覚症状がなかったとしても、他人に指摘された場合には、イビキのことが気になってしまい、旅行などに消極的になってしまったり、恋人と一緒に寝れない、さらには結婚できないという悩みを持っている人もいるのです。


 酸素不足



いびきをかいている時には「上気道が狭くなっている」ので、空気の循環が不十分となり、体内に取り込まれる酸素が不足することが考えられます。


体内に取り込まれる酸素が不足すると、脳への酸素の供給も当然少なくなるので、脳の働きが低下し、「集中力・記憶力・活力・判断力・思考力・行動力の低下」などが起こり、さらに「脳卒中・脳梗塞」などの脳疾患などへ繋がってしまうこともあります。


また血液中の酸素が不足すると、「糖尿病」や「高血圧」、さらには「不整脈・心筋梗塞・心不全」などの心臓疾患へ繋がってしまう可能性もあり、最悪、「突然死」の危険性もあるのです。


 睡眠不足



いびきをかいている状態は、実は熟睡していることは少なく、多くの場合は浅い眠りだと考えられています。ですので目が覚めた時に「疲労感」があり、疲れが取れていなかったり、日中眠気が襲ってきたりすることも考えられます。


特に日中の慢性的な眠気は「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の可能性もありますので、注意が必要です。


このようにイビキは他人へ迷惑をかけるだけでなく、さまざまな重大な病気の引き金になってしまうこともあるのです。


もちろん「疲労(ストレス)アルコール(飲酒)」などによって、一時的にいびきをかくことは問題ありませんが、習慣的にいびきをかいている場合や、ある日から突然イビキをかくようになった、またはいびきの音が変わった場合には、何らかの病気が隠れていることもありますので、一度、耳鼻咽喉科などの専門医で診察を受けることをおすすめします。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved