子供のいびき



いびきは大人だけがかくものと思われていますが、「子供」がイビキをかく場合もあります。


しかし基本的に子供はいびきをかきませんので、もしも子供がいびきをかくようになったら、何らかの病気などが原因となっていることが多いので、早めに「耳鼻咽喉科や小児科」で診察を受けましょう。


 子供がいびきをかく原因



鼻の疾患

咽頭扁桃(アデノイド)・口蓋垂(のどちんこ)」の肥大と炎症


子供のいびきは上記の2つが原因になっていることがほとんどです。子供はまだ上気道などが発達途上なので大人に比べて狭いので、これらの原因でさらに狭くなったためにイビキに繋がりやすくなってしまうのです。


 子供と睡眠時無呼吸症候群



子供の睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、「発育不良・知能低下」などの原因になることもありますので、大人以上に「早期発見・早期治療」をしなければ、取り返しのつかないこともありますので、親が早めに気付いてあげることがとても大切になります。


また、あごがまだ発育途上である子供の場合、「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の治療法の一つである「マウスピース(歯科器具装置)」は、発育を妨げたり、噛み合わせが悪くなる可能性があるので、基本的には使用できません(症状によっては使用可能な場合もありますので、医師とよく相談しましょう)。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved