いびきの種類



いびきはその症状によって「単純いびき症・上気道抵抗症候群・睡眠時無呼吸症候群(SAS)(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)」と、大きく3種類に分けられています。


 単純いびき症



単純いびき症とは、いわゆる私たちが普通「イビキ」と呼ぶ症状で、睡眠時無呼吸症候群のように睡眠中に息が止まってしまったりしない「いびき」なので、病気ではありません。


しかしイビキは自覚症状は少なく、仮に自分はいびきをかくと分かっていても、そのいびきが「睡眠時無呼吸症候群」なのか、「単純いびき症」なのかは自分では分かりにくいですし、単純いびき症だとしても、慢性的にいびきをかいていると、それが原因でさまざまな病気や疾患に繋がることもありますので一度「耳鼻咽喉科」などの専門医で診察を受けることをおすすめします。


 睡眠時無呼吸症候群(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)



睡眠時無呼吸症候群のほとんど、9割以上がこの「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」だといわれています。


 上気道抵抗症候群



上気道抵抗症候群(じょうきどうていこうしょうこうぐん)とは、何らかの原因によって上気道が狭くなってしまったために、「睡眠時無呼吸症候群」のように睡眠時に呼吸が止まったりすることはありませんが、「日中の激しい眠気」と「睡眠時に慢性的にいびきをかく」「睡眠中に脳波上の覚醒反応が起こる」症状のことです。


上気道抵抗症候群は、「脳血管障害・心臓病(心疾患)・糖尿病」などの徴候として現れる可能性が高いともいわれています。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved