いびきのメカニズム


睡眠時に発する爆音「いびき」。イビキをかく原因や音の大きさは人それぞれ違いますが、いびきをかくメカニズム、音がでるメカニズムは誰でも同じなのです。


 いびきをかくメカニズム



イビキは呼吸によって空気が通るときに、「上気道(のど(咽頭)や鼻(鼻腔))」の中の粘膜が振動して音が鳴る症状です。しかし通常時の呼吸では音は鳴らず、睡眠中の呼吸時にしか音は鳴りません。


これは睡眠時には「上気道」が狭くなることが深く関係しています。


上気道は筋肉で支えられ、元々狭い器官なのですが、何らかの原因によって狭くなってしまうと、空気の流れが速くなり(同じ量の空気を吸うと、通り道が狭いので、その分速度は速くなります)、空気抵抗が大きくなり、上気道の粘膜の振動が増し、「抵抗音や振動音」が生じやすくなってしまうのです。


ibiki-017.gif睡眠時には全身の筋肉が緩むのと同様に、上気道の筋肉も緩んでしまいますので、自然と睡眠中は上気道が狭くなってしまい、「抵抗音や振動音」の“いびき音”が発生しやすくなってしまうのです。


さらに上気道は、

アルコール(飲酒)
肥満疲労(ストレス)
病気
薬(睡眠薬・精神安定剤)
老化(加齢)

など、さまざまな原因によってより狭くなり、上気道が狭くなると、空気抵抗が大きくなるため、粘膜の振動も増し、いびき音も大きくなるのです。


以上のことから、「上気道が狭くなる」ことに繋がることが、いびきの最大の原因なのです。


 いびきの音が出る場所は?



いびきは上気道の粘膜が振動して音が鳴るのですが、この上気道の中でも特に「口蓋垂(のどちんこ)とその上の軟口蓋」の部分がもっとも音が鳴る場所で、その他にも「喉頭(のどぼとけ)・舌の付け根」などでも音が鳴ることもあります。


 息を吸う時と吐く時、どちらでイビキをかくの?



いびきは、基本的には「息を吸った時」にかく症状です。しかし息を吐く時にも粘膜が振動し、いびきをかくこともあります。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved