ドイツの科学者がコンピュータ制御のイビキ防止枕を開発


ロストック大学でコンピュータ科学を研究するドイツの科学者「ダリウシュ・バザルガーニ教授」が2007年10月3日、コンピュータ制御の枕によって、いびきが止まるまで頭の位置を動かすという「
人間工学枕」を考案し、ドイツで開催された健康に関するカンファレンスでこの人間工学枕の試作品を披露しました。


バザルガーニ教授によると、「枕には書籍サイズのコンピュータが接続されており、このコンピュータをベッド脇のテーブルに置いて、いびきの音を分析する仕組みだ」と語り、「コンピュータは睡眠中の姿勢の変化に応じて、枕の内部の空気量を調節し、鼻の空気の通りを良くすることで、いびきを最小限に抑える」と話しています。


バザルガーニ教授によると、既にアメリカの数社の企業がこの人間工学枕の商品化に興味を示しているということで、「わたし自身、いびきをかくため、この枕を発明した。これまでありとあらゆる製品を試してみたが、どれも効果はなかった。この枕を使った人たちがもっと熟睡できるようになればと思っている」と語っています。


(
平成19年10月4日・ ITmedia Newsより一部引用)


最近では枕によって、いびきを解消しようという商品が日本でも販売されていますので、決してこの商品が斬新だとは思いませんが、イビキで悩んでいる方にとっては朗報かもしれませんね。


いびきは単にうるさいだけでなく、さまざまな病気が原因でイビキをかいている可能性もありますので、このようなイビキ解消、改善枕を使用するのも良いですが、まずは何が原因でいびきをかいているのか?を突き止めることが非常に大切となります。


今後もさまざまないびき解消、改善グッズが開発され、販売されると思いますが、いびきの原因を知ることが、イビキ解消の近道であることはいうまでもありませんので、これらのグッズや枕に頼る前に、専門医の診察を受けることも必要かもしれませんね。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved

いびき防止対策と、いびき改善・解消法!TOP イビキ・睡眠ニュース ドイツの科学者がコンピュータ制御のイビキ防止枕を開発