扁桃



扁桃(へんとう)とは、咽頭(のど)を取り囲む粘膜、リンパ組織のことで、「口蓋扁桃・咽頭扁桃(アデノイド)・耳管扁桃・舌根扁桃」などからなっています。


 扁桃の働き



扁桃は「細菌・ウイルス」などの病原菌の侵入を防ぐ働きがあり、免疫機能の役割を果たしています。


 扁桃の種類



口蓋扁桃

口を開けたときに、のどの両側の奥にみえる部分


舌根扁桃

舌の根元部分


咽頭扁桃(アデノイド)

鼻の後方と気道の間部分


耳管扁桃

耳部分


 扁桃炎とは?



扁桃腺とは、一般的には「口蓋扁桃」のことで、口蓋垂(のどちんこ)の両側にある、2つの球状の組織のことです。


 扁桃炎(扁桃腺炎)について



扁桃炎(扁桃腺炎)とは、扁桃(特に口蓋扁桃)がウイルスや細菌などに感染して炎症を起こす症状のことで、「のどの腫れ・のど(耳)の痛み・発熱・嚥下()」などの症状を伴います。


扁桃は抵抗力(免疫力)の役割を果たしていますので、「体力の低下(疲労)・病気(風邪など)・気温の変化」などがあると、扁桃の抵抗力が弱まって、炎症を起こしやすくなるのです。


扁桃炎と深く関わっている病原菌は「溶連菌(ようれんきん)・インフルエンザ菌・ブドウ球菌」などです。


一時的な扁桃炎であれば問題ありませんが、慢性的な場合は手術が必要な場合もあります。


嚥下(えんか・えんげ)とは、食べたり飲むことが困難になること。


 いびきと睡眠時無呼吸症候群との関係



扁桃肥大とは、扁桃が何らかの原因によって肥大(大きくなる)してしまった状態、症状のことで、扁桃肥大すると空気の通り道が狭くなるので、「いびき」「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」「発声障害」「嚥下(※)」などの症状が出てしまいます。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved