睡眠時無呼吸症候群の種類



睡眠時無呼吸症候群(SAS)は大きく分類すると、

閉塞型睡眠時無呼吸症候群
中枢型睡眠時無呼吸症候群
混合型睡眠時無呼吸症候群

の3つの種類に分けられますが、9割以上は最初に挙げる「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」と考えられています。


 閉塞型睡眠時無呼吸症候群の特徴



閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、上気道の閉塞(へいそく:閉じてふさがること)が大きな原因で、もっとも多く、一般的な睡眠時無呼吸症候群です。


産まれつき上気道が狭い人に多い。

肥満者に多い(のどの周囲に脂肪が沈着すると上気道が閉塞し、空気が入りにくくなり、さらに体脂肪が付くことによって、肺が圧迫されて呼吸が浅くなり、肺に届く空気の量が減るのです)

舌の肥大している人に多い(舌がのどに落ち込む)。

仰向け(上向)で寝る人に多い。

喫煙と過度の飲酒は症状を悪化させる。

小児の場合は扁桃やアデノイドの肥大が大きな原因。


 中枢型睡眠時無呼吸症候群の特徴



中枢型無呼吸症候群は、脳(脳幹)の呼吸中枢の機能障害(呼吸指令が出ない状態)によって、一時的に呼吸が止まる症状ですが、患者数は稀で、それほど多くありません。


いびきは基本的にかかない。

呼吸が不規則。

完全に起きている時以外は呼吸困難に陥ることがある。

肥満や舌の大きさは無関係。

脳腫瘍や心不全が原因になっていることが多い。


中枢型無呼吸症候群は、原因となっている病気(疾患)を発見し、その治療を行うことが最先決で、また症状の程度によっては、鼻マスク(CAPA)が効果的な場合があります。


 混合型睡眠時無呼吸症候群の特徴



混合型睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り、閉塞型と中枢型が混合したもので、閉塞型によって体内や血液中の酸素量が不足し、二酸化炭素量が増加したために、脳幹の呼吸中枢の機能障害が起こり、中枢型へと繋がるのです。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved