アルコール(飲酒)



いびきの原因の一つといわれている「アルコール(飲酒)」。


アルコールを飲むと、リラックス効果があり、全身の筋肉が緩むのですが、当然、上気道の筋肉も緩むので、上気道が狭くなってしまい、その結果、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のど(咽頭)や鼻(鼻腔)の粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。


またアルコールを飲むと、上気道の鼻粘膜が充血したり膨張するため、鼻呼吸が苦しくなったために口呼吸しやすくなり(口呼吸はいびきの大きな原因です)、さらに過度のアルコール摂取をすると、体内で不足した酸素を取り入れようとする作用が働きますので、いつも以上に呼吸が激しくなり、イビキに繋がりやすくなるのです。


もちろんアルコールによる一時的ないびきは誰にでも起こる可能性があるので、病気でもありませんし、問題ありません。


しかし毎日飲酒する人の場合は、そのイビキがアルコールが原因なのか、その他のことが原因なのか分かりませんので、一度アルコールを控えてみて、いびきをかくかチェックしてみましょう。


「お酒を飲むからいびきをかくのは当たり前」と思っていても、実はその他のことが原因でイビキをかいていることもあるのです。


また過度の飲酒は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を悪化させることもありますので、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は禁酒が必要不可欠になってきます。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved