舌の肥大



舌の肥大いびきや、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因の一つです。


イビキの大きな原因である「肥満」は、体に脂肪が付くだけでなく、舌も大きくなってしまうことがあり、舌が大きくなればその分、上気道が狭くなり、空気の通り道が狭くなりますので、呼吸した時の空気抵抗が大きくなり(狭い通り道を同じ量の空気が通れば速度が速くなる)、のど(咽頭)の粘膜の振動が増し、いびきに繋がりやすくなるのです。


また上気道が狭くなるだけなら「いびき」だけの症状ですが、上気道を塞いだ状態になってしまいますと、呼吸が難しくなりますので、「睡眠時無呼吸症候群」となってしまうのです。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved