咽頭扁桃(アデノイド)・口蓋垂(のどちんこ)」の肥大と炎症



扁桃のうち、「咽頭扁桃(アデノイド)口蓋垂(のどちんこ)」が何らかの原因によって肥大化したり、炎症を起こすといびき睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因となってしまいます。


「咽頭扁桃(アデノイド)・口蓋垂(のどちんこ)」が肥大化したり、炎症を起こすと、当然、上気道が狭くなりますので、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなり(狭い通り道を同じ量の空気が通ろうとすると速度が速くなるため)、粘膜が激しく振動するために、いびきに、また肥大化や炎症が激しくなると、睡眠時無呼吸症候群へと繋がってしまうのです。


この「咽頭扁桃(アデノイド)・口蓋垂(のどちんこ)」の肥大化や炎症が原因でイビキをかいたり、睡眠時無呼吸症候群となるのは、大人よりも子供によく見られ、肥大が激しい時や、慢性的に炎症を繰り返す場合には、手術が必要になる場合もあります。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved

いびき防止対策と、いびき改善・解消法!TOP いびきの原因 咽頭扁桃(アデノイド)・口蓋垂(のどちんこ)」の肥大と炎症