老化(加齢)



人間が「老化(加齢)」していくと、全身の筋肉が緩んできます。この場合、当然、上気道の筋肉も緩んできますので、空気の通り道が狭くなり、呼吸によって空気が通ろうとすると空気抵抗が大きくなり、上気道の粘膜の振動が増したり、鼻呼吸だけでは酸素が十分取り入れられなくなると、イビキの大きな原因である口呼吸を伴うようになるので、「いびき」に繋がってしまうのです。


個人差がありますが、人間の筋力は「30歳」を境に徐々に衰えて行き、40代半ばから衰えが加速し、60代になると急速に衰えていきます。


ですので、若いうちはいびきはかかなかったのに、年をとるにつれてイビキをかくようになった場合には、何か「病気」が隠れているかもしれませんし、老化(加齢)が原因なのかもしれません。


老化(加齢)が原因でいびきをかいている場合でも「マウスピース(歯科器具装置)」や「鼻マスク(CAPA)」などによって、いびき防止対策は可能な場合が多いようです。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved