睡眠時無呼吸について


睡眠時無呼吸は、睡眠中に呼吸が止まる疾患で、呼吸停止は最大で30秒間続く。呼吸が止まるたびに、夜何度も目覚めることになり、睡眠不足を生じる。

ほとんどは「
閉塞性睡眠時無呼吸」と呼ばれるもので、これは喉(のど)の中で何かが気道を閉鎖し、呼吸を妨げる。

米国家庭医学会(AAFP)によると、気道を閉鎖するものには、扁桃(へんとう)腺、舌、喉の奥にある口蓋垂(こうがいすい)などがある。

より少ないのが「
中枢性睡眠時無呼吸症」で、これは中枢神経系の異常によって呼吸にむらが生じるものである。

睡眠時無呼吸の症状には、いびきが大きい、疲労感、日中眠りに陥ってしまう危険な事例(運転中)などがある。

睡眠時無呼吸は、飲酒や喫煙を避け体重を減らす、といった生活習慣の改善で治療できるほか、睡眠中の呼吸を容易にする器具が処方されることもある。

平成18年9月15日・HealthDayNewsより一部引用

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は3種類に大きく分類され、それぞれ原因や症状の特徴は異なります(
睡眠時無呼吸症候群の種類)。

また睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、夜の睡眠中だけでなく日中もさまざまな症状が起こり、危険な場合もありますので注意が必要です(
睡眠時無呼吸症候群の症状)。

ですので睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、早めに診察を受けて治療を受けることが大切になります(
睡眠時無呼吸症候群チェック!

スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!. All rights reserved